裁断して廃棄するだけです

貰った利用レシート保管義務はないのか??結論について冒頭でお伝えすると保管する必要はあるわけではありません。

人によっては保有することが自分が使用した内容を残したいと考える場合には残しておけばよいことですし、反対にそういう証跡は無くてもよいのであれば残しておく必要はないのです。

しかし送付されてくる使用履歴との照らし合わせ作業段階には例外なく明細レシートは必要となります。

明細をそこまで最低限所持しておかないと、どのショップで何月何日いくら使ったのか?について定かでなくなってしまうだけでなく、誤請求・ダブりがないかの確認も不可能になるため危険。

特にクレジットカードを決済した大きさについては明細レシートを持っていないと記憶しておくことはできないはずです。

理想的には明細書類が送られてくる1ヶ月もしくは2ヶ月程度の期間は、しっかり保管して頂きたい。

レシート破棄の手段→カードの利用レシート破棄方法は簡単なのです。

不正な利用をされないよう、裁断して廃棄するだけです。

シュレッダー等が自宅に置いてある際には利用するほうが良いでしょう。

クレジットの使用を証明している利用レシートのためクレカナンバーなど、機密の情報について判別されるデータが多く記載されています。

普通のレシートと軽視せず、処分は気を抜かずに実施したほうがよいでしょう。

一方で、最近では犯罪防止の意味で明細レシートに番号といった機密の情報が表示されない明細レシートも出てはいるが、信じ過ぎることは禁物と思われます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.tenpalette.com All Rights Reserved.