その上税金の面からも両者については基準に差異が見受けられます

FXには取引所取引という取引があります。

通常のFX企業と商業取引をとり行うという行動を「店頭取引」と呼びますがこの取引は取引所を通行させないで取引の相手はFX(外国為替証拠金取引)企業になるのです。

「取引所取引」というのはFX業者はとはいっても橋渡し役であって、直接のビジネスパートナーは取引所という意味になっています。

その違いをちょっと比べてみましょう。

初めに「店頭取引」の時は預金しておる証拠金は外為(FX)企業に管理されているのです。

反面「取引所取引」の際、このお金は全金額取引所にデポジットしないとならないと義務にされています。

仮に外為企業が破綻してしまう話が万が一あったとしても後者は、取引所によって証拠金が全額防護してもらうことになるのです。

FX(外国為替証拠金取引)会社が管制しているため、景況を見て会社経営の行き詰まりの悪影響ををこうむり預託していたお金は防守されずなのかもしれないです。

その上税金の面からも両者については基準に差異が見受けられます。

「店頭取引」では、為替差益やスワップ利息などを雑所得として給与と総額で申告しなければなりません。

ところが確定申告しないで大丈夫な際もありますので自分にマッチするか否かしっかりとチェックをお願いします。

万一貴方がビジネスマンでサラリー2000万円以下、給与所得以外の稼ぎが二十万円以下(複数の会社から給料の所得が無いということ)という内容を守っているのであれば例外措置という訳で確定申告はしなくてよいのです。

外為もうけが20万円以上の例は確定申告しなければいけません。

税金の率は稼ぎに付随して5%〜40%の6個の段階に仕分けられていて稼ぎが高いのならタックスも値上がりします。

「取引所取引」では、収益がそれ以外の収入とは別で考え「申告分離課税」の対象となってしまうでしょう。

税金の率は全て同じ20%となるんですがもし損金が定まったならば「取引所取引」の利益として赤字分を翌年以降に繰越するということができます。

上記のように、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも価格が少ないタックスになる場合も大いにあるので比べてみた方が良いと思います。

ひときわ新参者の方は、JASDAQ株価の変化や円高に常に配慮し、収益やマイナス分にスリル満点の事により、税金を払うという事実を忘れてしまいがちなることもありますので、気をつけましょう。

損は困りますが、収益が多くなれば税金についても値上がりするので目を向けるのと自覚が重大です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.tenpalette.com All Rights Reserved.